【メバリング】湘南(葉山・逗子・江ノ島)でメバルが釣れるポイント

この記事では湘南でメバルが釣れるポイントを紹介する。

湘南の定義としては
・葉山
・逗子
・鎌倉
・藤沢
・茅ヶ崎

とする。

 

スポンサードサーチ

【メバリング】湘南(葉山・逗子・江ノ島)でメバルが釣れるポイント

これまで川崎や横浜、三浦半島、城ヶ島とメバルが釣れるポイントを紹介してきた。

 

神奈川県でメバルが釣れるポイントは湘南で最後となる。

というのも西湘、真鶴方面ではメバルがいないこともないが専門的に狙うほどではない。
メバルを狙うもカサゴやムラソイなど別の魚が釣れるのでメバルポイントとして紹介することができない。

今回の湘南もエリアは広いが実はメバルが釣れるポイントもそう多くはない。

また最近ではメバルの好ポイントだったところが次々と閉鎖、釣り禁止となっている。
それらも合わせて紹介する。

葉山 トンビ磯

長者ヶ崎の近くにある堤防。

トンビ磯というが岩礁地帯にある堤防のことを指す。

シャローエリアで根やテトラがあるのでそこにメバルが隠れている。

車は長者ヶ崎の駐車場か県立葉山公園の駐車場を利用する。

 

ただし長者ヶ崎も県立葉山公園も朝、夜間は空いていないので近くのコインパーキングを利用することになる。

 

スポンサードサーチ

一色堤防

堤防に渡ったり、離れに行くにはウェーダーが必要。

堤防からは深いところで4mほどの水深がある。

駐車場は御用邸側にあるコインパーキングを利用。

 

真名瀬港・芝崎埋立地

現在釣り禁止となっている。

スポンサードサーチ

森戸磯

森度海岸の脇にある小磯。

森戸川の河口でもあるので魚影が濃い。

メバルの他にはシーバスやクロダイ、ハゼもよく釣れるポイント。

 

駐車場は近くにコインパーキングがある。

 

元町堤防

近くにいくつか堤防があるがその付近は浅すぎて釣りにならない。
やるとすればこの元町堤防。

このポイントはメバルも釣れるがどちらかというとアオリイカがよく釣れる。
春には産卵スポットとなる場所が多いためだ。

近くにコインパーキングがいくつかある。

スポンサードサーチ

あぶずり港

最初に余談だがこのあぶずり港は日本のヨット発祥の地である。

マリーナ内、堤防の一部は釣り禁止となっている。

堤防は入場時間が決められている。
開門は8時半から。

浄化センター裏護岸

田越川河口近くにある護岸。

鉄板とも言える排水があるのでそこに魚が集まっている。
この辺のエリアでは随一の魚影を誇る。

ただ微妙にマイナーポイントなのかそこまで混雑はしない。

入釣はあぶずり港側から入る。
駐車場もそこにある。

小坪漁港

小坪漁港はつい先日、釣り禁止となった。
https://dot.asahi.com/aera/2021011400012.html

 

江ノ島 北緑地公園

江ノ島に入ってすぐの堤防。

足場もよく釣りがしやすいが人も多いので注意。
基本的には砂地なのでメバル以外にもヒラメが釣れたりする。

エサ釣りではシロギスのポイントでもある。

駐車場に関しては近くにあるが、高い。

白灯

湘南港堤防、湘南大堤防とも言われている。

ファミリーフィッシングのメッカ。
足元から水深があるのであらゆる魚が集まる。

メバルもいるがおすすめはサビキ釣りでイワシやアジ。
青物の回遊もある。

堤防の南側は海までの高さがかなりあるので釣り向きではない。

江ノ島 表磯

江ノ島の磯は表磯、裏磯とある。

湘南港堤防側が表磯。

鵜島や釜の口、水道口と有名ポイントが連なる。

メジナ場としても有名。

かなり広いので釣り場に困ることはないだろう。

 

メバルを狙う場合は沖よりワンドや離れ付近を丁寧に狙うといい。

入釣が楽で本格的な磯釣りが味わえる。

江ノ島 裏磯

こちらは江ノ島の山をこえて降りなければならない。

結構距離があるので人が少ないように思えるが常に混んでいる。
特に青物シーズンとなると林のように人が、竿が集まる。

メバルが釣れるポイントではあるが正直わざわざ行くほどではないように思える。

ただ表磯同様釣れるとでかい。

 

辻堂、茅ヶ崎

辻堂、茅ヶ崎方面はあまり目立ったポイントはない。

強いて言えば茅ヶ崎のヘッドランドや柳島海岸で釣れる。

 

この記事の冒頭にも書いたように西湘方面はメバルが釣れるポイントが少ない。

メバリングをやるなら東京湾側、三浦半島がおすすめだ。

【メバリング】東京湾側横須賀・三浦東部南部メバルが釣れるポイント

 

【メバリング】相模湾側横須賀・三浦南部西部メバルが釣れるポイント

 

【メバリング】城ヶ島でメバルが釣れるポイント

スポンサーリンク